スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
断乳 
ついにやりました断乳。

ホントは卒乳するまで付き合ってあげたかった...


なぜ断乳に踏み切ったかというと、
私のおっぱいが悲鳴を上げていたからですアップロードファイル 痛いよ--


1歳を過ぎた頃から、息子にとっておっぱいは
寝るためだけのものになっていました。


ある日息子に飲ませて、寝かしつけてホッとしていると、
片方のおっぱいに激痛が走りました。

それが1時間くらい続き、
「大丈夫?」と心配してくれる旦那にも
「お願い話しかけないで」と言ってしまうほど
痛くて痛くてのた打ち回っていました。

しばらく様子を見ていたのですが、
やっぱり飲ませた後、毎回痛むようになって。

調べたところ、おっぱいが作られていないのに、
吸われて乳管に炎症を起こしているようなのです。

それで仕方なく断乳することになりました。
息子には
「もうおっぱいにバイバイしようね」
と毎日言い聞かせたのですが、

そんな急にどうしたのママ??いつものアレちょうだいよ!!
っていう感じで、ギャーギャー大泣きして
服をまくり上げては「バイバイしようね」と私に服を戻され、
大粒の涙を流しながら泣き疲れて寝る。
そんな日が何日か続きました。

息子の涙に負けて、痛みを覚悟であげてしまった日もあり
結局断乳を決意してから、ダラダラと1ヶ月近くになりますが、
とうとう欲しがらなくなりました。

母乳は楽だけど辞める時が大変と聞いていましたが、
これほどまでとは思っていませんでした。

息子にとっても辛いけど、ママにとってもホントに辛い。
何度息子と一緒に泣いたことか...アップロードファイル

おっぱいの時間は息子だけじゃなく、
私にとってもすごく大切な時間だったんだと気づかされました。


***読んでくれたついでに
    ポチッお願いします***



にほんブログ村 子育てブログへ

スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://cocoacho.blog113.fc2.com/tb.php/61-89c6c655

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。